企業情報

沿革と歴史

1926年 木酢生産4社の共同研究によりアセチレンを原料とする酢酸の工業化生産技術を確立
1927年 木酢生産4社が合同で(株)日本合成化学研究所を設立
岐阜県大垣市に大垣工場建設開始
1928年 社名を「日本合成化学工業(株)」に変更、日本で初めての有機合成酢酸の工業化に成功、翌年能力大幅増強のため水化塔建設を開始
1936年 日本で最初にアセチレン法による酢酸ビニルモノマーおよび酢酸ビニル樹脂の製造に成功
1939年 カーバイドからの一貫によるアセトン・ブタノールの生産拠点を熊本県宇土町(現・宇土市)に定め、熊本工場の建設開始
1947年 大垣工場にて酢酸ビニルモノマーの研究生産および酢酸エチルの生産を再開
1949年 熊本工場にて酢酸ビニルモノマーの建設開始
大垣工場にて「ゴーセノール」(ポリビニルアルコール:PVOH)生産設備完成
1951年 大垣・熊本両工場にて「ゴーセノール」生産設備増強
1958年 大成化薬(株)に出資
1960年 大垣工場で、グリオキザールおよびケテン誘導品の生産を開始
川下製品の生産を主体とした大垣化成工業(株)を合弁で設立
1963年 石油化学への原料転換のため三菱化成工業(株)(現・三菱ケミカル(株))と提携し岡山県水島コンビナートに進出を決定、水島合成化学工業(株)(現・水島工場)を合弁で設立し、翌年アセトアルデヒドを原料とする酢酸及び酢酸エチルの生産を開始
「ハイセロン」(水溶性PVOHフィルム)の製造を関西化学工業(株)へ委託
1965年 関西化学工業(株)へ資本参加
1967年 水島合成化学工業(株)にて「ゴーセノール」の生産を開始
1969年 水島合成化学工業(株)にて酢酸ビニルモノマーの生産を開始
1971年 水島合成化学工業(株)を吸収合併
中央研究所を大阪府茨木市に移設
1972年 東海樹脂(株)(現・大垣工場上屋)を設立し、翌年「ハイセロン」の生産を開始
1975年 熊本工場にてファインケミカル製品(医薬中間体)の生産を開始
1981年 大垣にてニチゴーポリエスター(高分子量飽和ポリエステル樹脂)の生産を開始
1984年 水島工場にて「ソアノール」(エチレン・ビニルアルコール共重合樹脂;EVOH)の本格生産を開始
1986年 イミダゾールの開発、生産を開始
1987年 米国販売拠点NIPPON GOHSEI (U.S.A.) Co., Ltd.を設立
1989年 「紫光」(紫外線・電子線硬化型樹脂)の生産を開始
1993年 大垣工場にて日合偏光板・日合位相差板(液晶表示部材)の生産を開始
1994年 「ソアノール」事業の米国展開をはかり、デュポン社よりテキサス州ヒューストンのプラントを買収し、NOLTEX L.L.C.を合弁で設立
1996年 「ソアノール」の北米販売会社SOARUS L.L.C.を合弁で設立
欧州の販売拠点としてNIPPON GOHSEI Europe GmbH.を設立
1997年 水島に加工技術開発センターを設立
1998年 日合偏光板・日合位相差板の生産停止
2001年 英国に「ソアノール」生産会社 NIPPON GOHSEI UK Ltd.を設立
熊本工場にて高機能「ゴーセノール」製造設備が稼動
2003年 大垣工場にて「OPLフィルム」(光学用PVOHフィルム)の本格生産を開始
2004年 英国にて「ソアノール」の本格生産を開始
クラリアントポリマー(株)(後のニチゴー・モビニール(株))の全株式を取得し子会社化
2005年 大垣化成工業(株)を吸収合併
大垣に機能フィルムセンターを設立
2006年 中国に上海事務所を設立
2008年 熊本工場にて「OPLフィルム」の生産を開始
2009年 ニチゴー・モビニール(株)を吸収合併
2010年 中国・上海事務所を現地法人化し、日之高(上海)商貿有限公司を設立
2016年 シンガポールにNIPPON GOHSEI ASIA PACIFIC PTE. LTD.を設立
三菱化学グループ(現・三菱ケミカルグループ)の完全子会社となる
2017年 エマルジョン事業をジャパンコーティングレジン株式会社に移管