CSR

環境・安全 基本方針

≪ 理念 ≫

緑あふれ、美しく輝かしい未来のために
私たちは全ての事業活動において
環境の保全と安全の確保を最重要経営課題と位置付けます

≪ 方針 ≫

1. 法令や社会ルールを守り、社会からの信頼を確保します

2. 事故及び労働災害のゼロを目指します

3. 環境負荷を低減し、地球温暖化防止及び自然環境保全に努めます

4. 「環境安全」を率先して推進する人材を育てます

5. 地域とのコミュニケーションを大切にし、社会との共生を図ります

6. 「環境安全」を改善する技術開発、製品開発を推進します

7. 全員参加で活動を推進します

環境品質マネジメントシステム

日本合成化学のレスポンシブル・ケア基準にもとづき、PDCAサイクルを回しながら、継続的な改善を図っています。
全ての事業所では、活動の一環として環境、品質のマネジメントシステムの国際規格であるISO14001、ISO9001を認証取得し、ひとつのツールとして活用して、環境パフォーマンス、製品安全の向上・改善に取り組んでいます。

画像:環境品質マネジメントシステム

RC活動の取り組み体制

環境・安全(RC)に関する最高意思決定機関として、社長を議長とした環境安全会議を設置し、環境安全の全社的な方向性・環境経営の強化・危機管理等について審議し決定しています。
環境安全委員会は環境安全・品質保証部担当役員を委員長とし、各事業所のRC部署長で構成されています。
委員会は年2回開催され、当社の目標、実施計画、結果の審議などを行っています。
ここでの決定事項を各事業所で具現化し、周辺地域へ根ざしたRC活動を展開しています。

画像:RC活動の取り組み体制