技術・研究開発

研究開発と事業化のあゆみ

1927年 「日本合成化学研究所」(弊社の前身)設立  
R&Dから事業化された主な商品
写真:R&Dから事業化された主な5商品
1928年 酢酸(日本で最初に工業化)
1936年 酢酸ビニル(アセチレン法)
ゴーセニール(酢酸ビニル樹脂)
1949年 ゴーセノール(PVOH)
1960年 ケテン誘導体
1963年 コーポニール(アクリル共重合樹脂)
1964年 ハイセロン(水溶性PVOHフィルム)
1969年 酢酸ビニル(エチレン法)
エチレン・酢ビ共重合樹脂(EVA)
変性PVOH
1972年 ソアノール(EVOH)
1980年 ボブロン(2軸延伸PVOHフィルム)
1981年 ニチゴーポリエスター(高分子量飽和ポリエステル樹脂)
1986年 イミダゾール類(各種医農薬原料、エポキシ硬化剤)
1987年 バルプロ酸(抗てんかん剤)
1989年 紫光(紫外線・電子線硬化型樹脂)
2003年 OPLフィルム(偏光板用PVOHフィルム)
2008年 ニチゴーGポリマー(アモルファスビニルアルコール系樹脂)