技術・研究開発

お客様や社会に対して、常に新しいソリューションを提供して行くために。
日本合成化学は、事業横断プロジェクトにより、積極的な提案型R&Dを展開しています。

技術フィールドと製品開発力

日本合成化学では、「有機合成」「合成樹脂」「加工技術」の3つの技術フィールドにより、社会が求めるソリューションを提供しています。これらの複合・融合化を進めて、より付加価値の高い製品をお届けしています。

研究・開発体制

日本合成化学の研究開発本部は、提案型R&D実行部門である「中央研究所」、「加工技術開発センター」、「機能フィルムセンター」、そしてそれらの機能を取りまとめる「研究企画部」から構成されています。

研究開発と事業化のあゆみ

日本初の合成法による酢酸の工業化以来の研究開発から生まれ事業化した各種製品をご紹介します。