採用情報 - Recruiting Information

  • 新卒エントリー
  • マイページログイン

社員メッセージ

研究開発部門
【入社年度】
2015年
【所属部署】
加工技術開発センター
【出身学部】
生命農学研究科 応用生命科学専攻

お客様のニーズに応える樹脂を開発する。

研究開発は市場に近い仕事
―今の仕事

私が担当しているのは、ソアノールの新規グレード開発。お客様の要望や市場のニーズに合わせて標準品とは異なる物性や加工性を持ったソアノールを開発する仕事です。私たちが開発した新しいグレードからお客様の数多くの商品が生まれるわけで、世の中の商品開発を支えている仕事だと自負しています。
実際、スーパーに行くと並んでいる商品にはソアノールが使われている包装も多く、自分たちの仕事の成果が目に見えます。そんなとき、市場に近い仕事をしていると実感しますね。

ブレークスルーが研究開発の醍醐味
―やりがい

研究開発のテーマは会社から与えられます。数人のチームでそのテーマに取り組むのですが、自分の担当領域では、どういった方法でアプローチするか、どういう実験をするか、すべて自分で考えて進めなければなりません。
時には糸口が見つからないこともあります。実験しても分析してもだめで何が悪いかもわからないというときに頼りになるのが先輩方です。「そういう視点はおかしいんじゃないか」と指摘してくれたり、「そういうときはこういう実験をした方がいい」とアドバイスしてくれたり。高分子の専門家や触媒関係のエキスパートなど、いろんな経験値を持った先輩方が気軽に相談に乗ってくれます。
ブレークスルーができた瞬間は楽しいですね。あれもしたいこれもしたいと次の計画が頭に浮かんできます。これが研究開発の醍醐味だと思います。

樹脂の可能性を広げたい
―これからの目標

樹脂の性質は本当にいろんな分野に応用できます。例えば水溶性という性質を使えば種まきが簡単に行えるシードフィルムができたり。樹脂の多様な機能を自分の発想で広げていけば、もっと応用分野を広げていくことができるでしょう。
今後はお客様サポートのような仕事にもチャレンジして、お客様が望んでいることを自分で吸収して商品開発に活かしていきたいですね。重要なのはお客様のニーズを知ること。営業とのコミュニケーションもしっかりできるように勉強会にも参加しています。

働きやすい雰囲気が魅力
―当社の魅力

一番の魅力は会社の雰囲気だと思います。当社を含め、グローバルに活躍している会社はたくさんありますが、やはり働くのだったら雰囲気の良い会社がいいですよね。当社は誰とでも気軽に話し合える職場で働きやすい雰囲気がある会社だと思います。女性も男性と同じように働けますし、産休も育休も取りやすくて結婚してからも働いている方も多いですね。

自分の専攻を強みに
―後輩へのメッセージ

私自身、大学では天然物の合成が専攻で高分子は専門外だったので、最初は不安だったのですが、会社では大学時代と違う研究をする人が大部分。逆に違うことをやっていた経験が、その人の強みになると思います。いろんな経験をした人がいるから新しいものが生み出せるのです。今就職活動をしている方も自分の専攻にとらわれずに会社を選んでいただきたいですね。今の研究が自分の強みになるくらい頑張ってください。

私のオフタイム

岡山県のことをまだよく知らないので、休みにはよく岡山周辺を旅行しています。会社のフットサルチームにも参加しています。

私のスケジュール

8:00
始業。メールチェック
今日の業務内容の確認
8:30
加工作業(日によって分析作業)
12:00
昼食(お弁当)
12:50
加工作業(日によって分析作業、チーム会議)
16:30
終業
  • 研究開発
  • エンジニア
  • 総務部
  • 技術職
  • 営業職
  • NICHIGOとは
  • 事業紹介
  • 社員メッセージ
  • 教育研修
  • 募集要項